オープンハウス社長「荒井正昭」の評判を集めてみた件!

荒井正昭の評判

オープンハウスの社長である荒井正昭氏の評判はどうなのでしょうか?

ここでは、荒井正昭氏の評判について調べています。

社員から見た荒井正昭氏はどのような人物なのか?
なぜ、荒井正昭氏が手掛けたオープンハウスは約20年間でここまでの急成長を遂げたのか。

その理由を知りたい人は、ぜひご一読ください。

オープンハウスの社長、荒井正昭氏の評判

時代の先を読む能力に長けており、決断の早い人です。
(20代/女性/一般事務)
いつまでにどうするかを明確にし、必ず達成していくので、すごいと思います。
(20代/男性/営業)
住宅販売の営業出身ということもあり、人を見る目に長けています。朝礼でのスピーチも、話がシンプルで分かりやすいです。
(20代/男性/設計)
社長の経営判断力には悪魔的なモノを感じます。素晴らしく、かつ恐ろしくもあります。
社員満足よりも顧客満足という点で、会社としては優れているのかもしれませんが、年を経るにつれて会社に合わなくなっている人も多くいると思いました。
(20代/男性/営業)
判断力に非常に優れた人だと思います。未来を読み取る力がスゴイです。
カリスマ性があり、毎週ある全社朝礼の際のあの宗教的なノリは好きな人は好きだと思います。話し方も上手で、面白く、聞いていて飽きません。
(20代/男性/営業)
非常に明るく、モチベーションの高い人。不動産営業のたたき上げということもあり、観察眼が非常に鋭いです。
(20代/男性/営業)
カリスマ性があります。口が上手で、身体が大きいです。商才は抜群にあり、彼に魅せられて入社を決める優秀な人材も大勢います。
(20代/男性/営業)
大抵機嫌が悪く、自分の意見を必ず通そうとしてきます。
(30代/男性/営業)
カリスマであることは間違いありません。この会社を業界で1位にしようと本気で思っており、その想いに共感した人たちが集まっています。
(20代/男性/営業)
社長に気に入ってもらえると、よく飲み会などに連れて行ってもらえます。ただし、成績を上げられなければ、満足いく社会人生活を送るのは難しいかもしれません。
(20代/男性/営業)

荒井正昭氏とは?

荒井正昭の顔画像

オープンハウスの社長である荒井正昭氏は、10年間、不動産仲介会社にてサラリーマンをした後、1997年に株式会社オープンハウスを設立。

「東京に、家を持とう。」というフレーズをテレビCMやポスターなどで見かけたことがある人も少なくないのではないでしょうか。

都心の近くに住みたいお客様ニーズを具現化することで、20年間で会社を急成長させました。

オープンハウスが人気になった理由

オープンハウスのロゴ

荒井正昭氏のカリスマ性や悪魔的ともいえる経営判断能力の高さによって、不動産業界の高みへと一気に駆け上がってきたオープンハウス。

では、荒井正昭氏の経営手腕をのぞいて、なぜオープンハウスはここまで注目されるようになったのか。

理由を紐解いていきましょう。

1.東京に戸建てを購入できる

「東京に、家を持とう。」のとおり、オープンハウスに依頼すれば、都内に一戸建てを構えることができます。

金銭的な問題もあり、ほとんどの人が都心部に住むのであればマンションしか選択肢がないと思っているのではないでしょうか。

しかしオープンハウスは、狭小宅地を有効活用することで、「東京にマイホームを持つ」という夢のような出来事を実現しています。

近年は、ほかにも狭小宅地に住宅を建設する業者が出てきていますが、オープンハウスは業界のパイオニアといえます。

2.アメリカでの不動産投資ができる

といえども、都心での戸建て住宅需要もピークアウトしている印象。

そんなオープンハウスがいま目をつけているのが人口増加と需要が見込める、アメリカでの不動産投資です。

高い住宅需要のあるアメリカで、テキサス州、オハイオ州、ジョージア州、ハワイ州の4つのエリアを中心に投資を進めています。

交渉から売却までトータルサポートすることで、投資家たちの不安を失くし、投資意欲を活性化。

また初めてのアメリカ不動産投資に戸惑うオーナー向けに、無料セミナーも開催しています。

オープンハウスの急成長の理由についてもっと詳しく知りたい人は「荒井正昭社長の『オープンハウスの売上』から解る成長性とは?」もご覧ください。

まとめ

以上、オープンハウス社長の荒井正昭氏の評判を調べてみました。

「カリスマ性がある」「経営判断能力がスゴイ」など、かなり社員の人たちからも高い商才を認められているようです。

その圧倒的な存在感からか、ワンマン的な部分もあり、成績を上げることができない社員など、一部ついていけないと感じている人もいるようでした。

しかしそれは仕方のないことかもしれません。

オープンハウスは1997年の設立から約20年間でここまで有名な会社へと成長してきました。これだけ急激な成長を遂げるには、ひとからならぬ努力や奮闘があったに違いありません。

それができたからこそ、荒井正昭氏はオープンハウスをここまで大きくすることができたのでしょう。

オープンハウスでは、東京の戸建て住宅だけでなく、今後はアメリカでの不動産投資事業の収益をもっと上げようと戦略を練っています。

いずれオープンハウスがワールドワイドになる日も来るでしょう。
そうなると、荒井正昭氏の評判もまた変わってくるかもしれませんよ。